ヘッダー
ロゴ
川崎市社会福祉事業団 HOME
ヘッダー
川崎市社会福祉事業団について
基本理念・方針
組織・沿革・役員
事業概要・第三者評価
施設一覧
法人事務局
障害者施設
高齢者施設
児童施設
職員募集
プライバシーポリシー
サイトマップ
リンク
社会福祉法人川崎市社会福祉事業団
メインイメージ
施設一覧 障害者施設 高齢者施設 児童施設 職員募集
基本理念・方針
基本理念
1. 充実したサービスの提供
時代やニーズの変化を先取りした新しい福祉サービス、市民や利用者から信頼され選ばれる福祉サービスの提供をめざします。 
2. 地域に根ざした施設運営
地域に根ざした福祉活動を通じて豊かな地域福祉社会の発展に貢献します
3. 職員の資質・能力の向上
組織の一員であるとともに、自分で考え主体的に行動し解決する能力を有する職員の育成及びチームワークに貢献できる協調性をそなえた職員の育成に努めます。
4. 法人体制の整備
社会福祉事業者として、継続的なサービスを提供できる経営をめざし、運営基盤の充実・人事管理体制の確立・多角的な事業経営に取り組みます。
基本方針

◆基本方針1 「充実したサービスの提供」
 時代の変化に伴い、高齢者人口の増加、認知症高齢者の増加、施設支援から在宅支援への移行、社会的弱者(高齢者・児童)への虐待防止等、様々な福祉ニーズが生ずることが予測されるが、それらに適切に対応できる社会福祉法人をめざします。
 また、社会福祉関係法令の改正による利用者の権利擁護等にすみやかに適応できる柔軟な意識改革の促進に努めます。

◆基本方針2 「地域に根ざした施設運営」
 障害者、高齢者、児童まで幅広い社会福祉の専門機能を有している社会福祉法人として、福祉サービスの拠点としての役割を努めていきます。
 地域の多様な福祉サービスの連携を促進し、総合的に展開できる地域社会の発展に貢献して、地域から信頼される法人を目ざします。

◆基本方針3 「職員の資質・能力の向上」
 経営と現場が一体となって、「職員自らが現場で問題を発見し、解決していける」組織能力としての「現場力」の醸成に努めます。
 経営者は現場の現実を把握する現場感をもって現状を認識し、組織能力を見極めて業務運営にあたります。
 職員は、「現場が主役であり当事者である」とする考えに立ち、仕事としてやるべき「当たり前のこと」を全員が最後まで取組める努力と経験を積み上げていきます。
 さらに専門職としての個人及びチーム目標を定め、常に向上心を持って仕事と向き合える専門職の育成に努めます。

◆基本方針4 「法人の経営基盤の整備」
 社会福祉事業者として継続的なサービスを提供できるよう、経営基盤整備のため運営基盤の充実・人事管理体制の確立・多角的な事業経営に取り組みます。 
 中でも、人事管理制度の補完と再構築をはかることにより、効率的で健全な法人経営を実現させるシステム(ガバナンス)の確立に努めます。  
 さらに、経営能力を安定・向上させることにより、多様なニーズに柔軟に対応できる機能的な事業活動の展開をめざすため、中長期計画を作成します。
シンボルマーク
シンボルマーク